上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぜんぜんアップしてなかったので、まとめてUP

このあいだDEEN&DELUCAで、私好みのパンを発見!
「プレッツェルクロワッサン」と「プレッツェル」

大好きな吉祥寺の『リンデ』のパンに似てる~

と思ったら、どうやら『リンデ』から入れてるらしい。
吉祥寺まではなかなか買いに行けないけど、ここなら会社帰りに気軽に買える♪
プレッツェル

DEEN&DELUCA、店の前は何度も通ったことがあったけど、
システムのよくわからない店は苦手なので(笑)入ったことがなかった。
「グリーンカレーのランチセット」というメニューに惹かれ、先日初めてランチを食べに入りました。

付け合せのサラダとチキンは普通だったけど、グリーンカレーが妙に美味しかった。
また食べたい!
店員さんの接客もとても感じがよいお店です。
スポンサーサイト
カメラサークルの仲間と、スタジオで撮影勉強会@目黒

スタジオ撮影なんて本格的ー!
でも撮影の腕は、小学生並ー!
いや、最近の子どもは侮れないからな。

↓こんな感じで楽しくワイワイ撮影
お、チャビィちゃん、モデルになってます!
撮影会

撮影会

スタジオみたいなりっぱなライトは自前では用意できないにしても、
下に敷くクロスをや小物を変えるだけで随分写真の印象が変わるんですね~
いろいろ道具を揃えてくれたみなさま、本当にありがとう~
これに懲りずにまたやりましょうね♪
交流戦 対ロッテ@千葉マリンスタジアム
マリンスタジアムの花火

今年もやってきました、マリンスタジアム。
ビジターチームの応援歌は流してくれるし、ジェット風船OKだし、花火はあがるし、
ほーんとサービスいい!球場もきれいだし、これで風さえ強くなければ言うことなし。
食べ物も充実してます♪
それでも、あの去年の悪夢の日本シリーズ惨敗の思うと、
阪神にとっては決して相性のいいスタジアムではないんですよね‥--;

今シーズンはここまでロッテに4連勝、マリンスタジアムでも2連勝と善戦している阪神だけど
こういうとき、さすがにそろそろ負けるのでは‥と案じてしまうのもいかにも阪神ファンらしいところ。
そうやってすぐに悪い方向に考えるのは、阪神ファンの悪い癖ですね。

でもねー最近でこそ、期待を裏切ることが少なくなった阪神だけど、
今まで何度悲しいおもいをさせられてきたか!
だから長いこと阪神ファンやってると、悲しいかな自然とマイナス思考になってしまうんですよ。

最悪を考えておけば、ツライことも乗り越えられるのです!!

自虐的過ぎる‥?

そんな不安な気持ちが通じてしまったのか、
この日は序盤から下柳が苦戦。矢野の信じられないエラーもありまして‥(-.-;)
中盤からは締まった試合にはなったのですが、最後1点届かず負けてしまいました。
昨年の7月末から、観戦負け知らずだったのに‥

でも負け惜しみでなく、悪い試合ではなかったです。後半のシモさんの好投とか、よい内容もあった!
花火も見れたしね。

前向きなんだか、後ろ向きなんだか‥
切り替えの早いのも阪神ファンの特徴?
歌舞伎、時々見てみたいなーと思う演目の時に
歌舞伎好きの友達に連れて行ってもらいます。
全然詳しくないんだけど、菊之助が美しいので好きなのです。
というわけで見に行くのは、菊之助の出るものが中心。
二月の玉三郎との京鹿子娘二人道成寺も見に行きましたが、あれは美しかったな~

今月の午前の部は、初日の模様をNHKのニュースでも取り上げていた、
市川団十郎舞台復帰の「外郎売(ういろううり)」
(ういろうと言っても名古屋銘菓のういろうじゃなくて、何にでもよく効くという、宇津救命丸みたいな銀色の丸薬のういろうです!)
友達のおすすめはこちらのようだったんだけど、
私は団十郎の復活より、午後の部の菊之助の「保名」と海老蔵の「藤娘」を取ってしまいました。

特別、海老蔵ファンではないんですが、
ちょっと見てみたかった、海老蔵の女方。

感想は‥
わざとこういう入替をしてみたのだろうけど、(客席からも笑い声がもれていたし)
やはり菊之助は女方、海老蔵は立役(男の役を演じる俳優)がいいなぁ。
海老蔵、藤娘というには、ガタイでかすぎ(笑)

藤の花の写真を探したけど無かったので、なぜか乙女椿。
乙女椿
鎌倉 八幡宮にて[2006.3.30撮影]
ト音記号のグリッシーニ5/20(土) 6:00p.m. サントリーホール

プログラム♪
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 op.13 「悲愴」
ショパン:バラード第4番へ短調op.52
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
バツェヴィッチ:ピアノ・ソナタ第2番

‥アンコール‥
ガーシュウィン:3つの前奏曲

音楽が始まったとたん、その空間は現実の世界から離れて、
もうそこは東京の六本木じゃない、
美しい音楽だけの世界にタイムスリップしたみたい。

静寂の中を音が舞い降りてくる感じ、とでも言ったらいいのかなぁ。
本当に深くて美しい音のハーモニー!
どうしたらあんな音が出るのでしょうねぇ。
ホールの隅々まで響き渡る弱音には、思わず溜息‥。

写真はホールお隣のANA HOTELのデリカショップで売っていた、ト音記号形のグリッシーニ(チーズ味)。サントリーの客狙いの商品なんでしょうな‥まんまと術中にはまった私(--;

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。